忍者ブログ

歴代天皇

神武天皇

有名な海彦山彦の神話はたいていの人が知っていると思います。
 海彦がお兄さんで、山彦が弟ですね。
この弟の山彦が海の中へ行って楽しく過ごした物語が後に浦島太郎の御伽噺の元になっています。

 浦島太郎の話にはありませんが、神話の中では乙姫様が海岸へ来て子どもを生みます。
その子が初代神武天皇のお父さんです。

つまり、神武天皇は神話の中の世界なのか実在の人物なのか、その境界線あたりにいるわけですね。
ちなみに、お兄さんである海彦の子孫が鹿児島の島津家だそうです。

 山彦の本当の名前は、火照命(ほでりのみこと)と言います。
 海彦は、火遠理命(ほをりのみこと)と言います。

 興味深いのは、海彦にゆかりの鹿児島県にある鹿児島神社は山彦を祀っているということです。

 初代天皇の名前は、神倭伊波礼毘古命(かむやまといわれひこのみこと)と言います。
もちろんこの名前も神武と言う名前も後世に付けられたものです。

 神武と言えば有名なのは神武東征ですね。
 九州から近畿まで遠征して近畿を制圧するのですが、これは武力による戦争ではなくて、呪いの世界ですね。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R